住宅ローン審査で一発承認をねらうための、審査を通すためにできる事をまとめています。

shinsano himitu

住宅ローンに一発承認になる秘訣は、正しい知識を持つことです。   

住宅ローンに一発承認になる秘訣は、正しい知識を持つことです。
一般書籍ではお伝えできない、住宅ローンの秘密情報をあなただけにお伝えします。


■無料レポートプレゼント中です!■
住宅ローンの金利を下げる裏ワザを知りたい方はこちらから♪

■住宅ローン無料基礎講座のご案内■
住宅ローンの基礎からちょっと高度なテクニックまでを学びたい方はこちらから

■住宅ローン審査の基準と傾向■
住宅ローン審査の基準を知りたいならこちら


個人信用情報は、その内容により、ある一定期間情報が登録され、
必要に応じて開示される仕組みになっています。

個人で(本人)が開示請求をして得ることのできる情報と、
カード会社などが取得できる情報は、基本的には同じと言われていますが

違うところもあります。

この記事では、その違いについてまとめてみました。

ここをクリック!


今回は「みなし金利」というものについてお伝えしたいと思います。

「みなし金利」というのは

金融機関が、住宅ローンの借入限度金額を計算するために利用する金利設定です。

各金融機関によって多少は変わりますが、
近年では、どこも大よそ「3.5%」前後となっています。

あなたが住宅ローンの借入をする際の実際の借入金利とは違い、
かなり高めの金利となっています。

例えば、2017年10月の借入計算金利は低いところでは0.4%程度のところもありますよね。

しかし、その借入をする際に審査をする時の金利は「3.5%」となるわけです。
フラット35の5月資金受取分のお借入金利が決まりました。

今月の金利水準は、最低水準となっています。

返済期間が21年以上の場合の金利幅:1.810%~2.760%
(取扱金融機関が提供する金利で最も多いのは、1.810%)

返済期間が20年以下の場合の金利幅:1.540%~2.490%
(取扱金融機関が提供する金利で最も多いのは、1.540%)


 
今月のフラットの金利水準をお知らせします。

住宅金融支援機構が行った調査によりますと、

返済期間が21年以上の場合の金利幅:1.800%~2.750%です。
その中で、取扱金融機関が提供する金利で最も多いのは、1.800%という結果です。

また、返済期間が20年以下の場合の金利幅:1.490%~2.440%、

取扱金融機関が提供する金利で最も多いのは、1.490%となっています。

これだけ低い金利水準ですと、数年前に住宅ローンの借り入れをした方も、
借換をした方が有利になるケースがたくさん出てきそうです。

しかも、フラットは完済まで金利が変わりませんので安心ですね。


─────────────────────────────────
▼【フラット35】2月資金受取分のお借入金利のお知らせ
──────────────────────────────────
→基準金利は追記をご覧ください。

住宅ローン審査に通る為にできることは、審査のポイントを押さえることから始まります。

住宅ローン審査を通すためには、住宅ローン審査の基準を知り、審査の基準をクリアするように
あなたの状況を整えていくことが大切です。

住宅ローン審査を通すための基準はこちらから

住宅ローン審査を通す為に大切なポイントには、年齢、年収、返済負担率、勤続年数、その他の借入等が
あります。

また、その他にも、健康状態や個人信用情報の内容も審査に影響していきますので、
住宅ローン審査をとおすためには、総合的にあなたの属性を上げていくことが必要になっていきます。

住宅ローン審査における属性についてはこちらから

また、住宅ローンは金融機関によって審査の基準や求める内容が違ってきますので、
いくつかの金融機関の資料を取り寄せ、選択する事も必要になります。

住宅ローン審査を通すのは、ふつうに暮らしている方にとっては
特に難しいものではありません。

あまり怖がらず、もし住宅ローンが通らなかったらその原因を考え、対処していくことで
誰でも住宅ローンの審査を通すことができるのです。

まずは資料を取り寄せ、内容の違いを把握して、あなたにあった住宅ローンを選択するようにしましょう。


─────────────────────────────────
▼【フラット35】3月の資金お受け取り分のお借入金利のお知らせ
──────────────────────────────────
→金利情報は追記をご覧ください。

住宅ローン審査の基準は様々な要因でひとことでは言えませんが
特に重要視される内容はほぼ決まっています。

借入年齢、完済時年齢、年収、勤続年数、健康状態、その他の借入等がありますので
詳しくはこちらをご覧ください。

住宅ローン審査の基準

住宅ローン審査の基準は、世の中の経済状況が変わっても、ある程度一定しています。
また、金融機関によって多少は異なりますが、重要視される条件はほぼ同じようなものになります。

住宅ローン審査の基準を知ることは、住宅ローン審査に承認になるためにはとても役立ち、
住宅ローンが通らないと悩んでいる方にぜひ知って頂きたい内容です。

住宅ローンの審査に臨む前に、「住宅ローン審査の基準」をしっかり理解し、
基準をクリアしたうえで申込をなさるようになさってください。

比較的審査の甘い金融機関は、今でしたらネット銀行がお奨めです。

住宅ローンが通らない
と嘆く前に、いくつかの金融機関の資料を取り寄せ、
あなたの状況で一番通りやすい住宅ローンに申込をするようになさるのが良いかと思います。

審査の甘い住宅ローン




フラット35の今月の金利水準をお知らせします。

今月も借りやすい金利の住宅ローンがそそっています。
注意事項としては、見せかけの金利だけで決めるべきではないという事です。

【フラット35】の6月の金利についてお知らせします。
取扱金融機関からの報告に基づき集計した、目安になる基準金利とお考えください。

ココにご紹介する借入金利は毎月見直され、
 申し込み時ではなく、資金のお受け取り時のお借入金利が適用されますのでご注意ください。

 また、段階金利型のお借入金利は除いており、【フラット35(保証型)】は含みません。
今人気の「住宅エコポイント」ですが、
まだ御存じない方もいらっしゃるようですね。


住宅エコポイントは、
国土交通省が環境に配慮した新築やリフォームに

最大30万円のポイントを付与する制度になります。

最近、自営の方からのお問い合わせをたくさん頂きます。


住宅ローン受難時代のあおりをもろに受けていらっしゃる方が多いのも
原因の一つなのでしょう。


自営の方の年収の出し方にも問題があります。
フラット35の6月お受け取り金利の水準を
お知らせいたします。



◆今月の金利水準◆


返済期間が21年以上の場合の金利幅:2.410%~3.360%

(取扱金融機関が提供する金利で最も多いのは、2.660%)


返済期間が20年以下の場合の金利幅:2.200%~3.200%

(取扱金融機関が提供する金利で最も多いのは、2.450%)



※フラット35(保証型)の金利は含まれていません。



取扱金融機関からの報告に基づき集計している金利になります。

1つの金融機関で複数のフラット35の商品タイプを提供している場合、
金融機関からの報告に基づき、複数の商品すべてを集計対象として、
平均値を出した金利の目安となります。


以上がフラット35の6月の金利ですが、


次に、今後の金利の予想と、
最近の住宅業界の状況などをお知らせしたいと思います。