住宅ローン審査で一発承認をねらうための、審査を通すためにできる事をまとめています。

shinsano himitu

住宅ローンに一発承認になる秘訣は、正しい知識を持つことです。   

住宅ローンに一発承認になる秘訣は、正しい知識を持つことです。
一般書籍ではお伝えできない、住宅ローンの秘密情報をあなただけにお伝えします。


■無料レポートプレゼント中です!■
住宅ローンの金利を下げる裏ワザを知りたい方はこちらから♪

■住宅ローン無料基礎講座のご案内■
住宅ローンの基礎からちょっと高度なテクニックまでを学びたい方はこちらから

■住宅ローン審査の基準と傾向■
住宅ローン審査の基準を知りたいならこちら

さて、今回は竣工時期で見分ける、
ダメマンションの見分け方についてお知らせしたいと思います。


マンションの竣工は、決算に合わせるため、
ゼネコンに突貫工事を強要してくる物件が少なからず存在します。

マンションに限らず、建設には適切な工期というものがあります。
良い建物を作るには、時間をかけることが必要なのです。


例えば、建築関係に従事する人が自分の住む家を造る場合、

時間に余裕がある時には、
通常の倍くらいの時間をかけて作ることがあります。

それには、理由があるのです。
夢のマイホームを手に入れたい!
誰もが思うことですね。


どんな家に住みたいのか、
どんな環境にいたいのか、その基準は人それぞれだと思います。


駅からは遠くても、
自然に囲まれた環境が好きだという方もいるし、

駅から近ければ、多少日当たりが悪くったて
少々古くたってかまわない・・・という方もいらっしゃいます。


マイホームは共通の夢であっても、
夢のマイホームの基準は様々です。

今回は、いいマンションとダメなマンションということで
物件の価値という観点から、私の考えを述べさせていただきます。


個人のお好みは一切無視した内容になりますので、
気分を害される方もいらっしゃるかも知れませんが、

ライフプランとして考えると、
とても大切なことをもうしあげますので、

家選びをなさる際には頭の片隅に置いて頂きたいと思います。



今回のテーマから行くと、
ダメマンションの究極の事例は、

耐震偽装事件関連のマンションだと言えます。


そんなマンションには怖くて住めない、
ということもありますが

究極というのにはもう一つ理由があります。