住宅ローン審査で一発承認をねらうための、審査を通すためにできる事をまとめています。

shinsano himitu

住宅ローンに一発承認になる秘訣は、正しい知識を持つことです。   

住宅ローンに一発承認になる秘訣は、正しい知識を持つことです。
一般書籍ではお伝えできない、住宅ローンの秘密情報をあなただけにお伝えします。


■無料レポートプレゼント中です!■
住宅ローンの金利を下げる裏ワザを知りたい方はこちらから♪

■住宅ローン無料基礎講座のご案内■
住宅ローンの基礎からちょっと高度なテクニックまでを学びたい方はこちらから

■住宅ローン審査の基準と傾向■
住宅ローン審査の基準を知りたいならこちら


個人信用情報は、その内容により、ある一定期間情報が登録され、
必要に応じて開示される仕組みになっています。

個人で(本人)が開示請求をして得ることのできる情報と、
カード会社などが取得できる情報は、基本的には同じと言われていますが

違うところもあります。

この記事では、その違いについてまとめてみました。

ここをクリック!

平成22年2月8日、個人信用情報機関の大手2社、
JICCとCCBの「完全システム統合」が行われました。

合併による個人信用情報内容の変更点や

新たに分かった個人信用情報への対策についてお知らせします。


住宅ローンの審査に大きく影響する、個人信用情報ですが、
近年、個人信用情報機関の合併や統合が頻繁に行われています。


時代の流れにより、
以前の形態と情報保持期間なども変わってきていますので、

住宅ローン審査の前には、個人信用情報の開示を行って確認するのは
もはや当たり前となっていますね。



2009年8月に、個人信用情報機関の大手である
「★日本信用情報機構(JIC)」と「★シーシービー(CCB)」の合併が行われました。


JICとCCBは、合併してJICCとなり、名称の統合は行われましたが、

完全なシステム統合はされていない状態で、
2010年の2月を目安に、完全統合の手続きを進めているということでしたので、

その後のシステム統合の行方が気になり、調べてみました。

個人信用情報機関とは、
さまざまな会員(金融会社)から集めた情報を管理し、

必要に応じて、会員に情報を提供をする役目をはたしています。


通常、クレジットやローンの申し込みをすると、
金融会社は、申込をした人の個人信用情報を開示して審査し、

クレジットやローンの利用を許可するか否認するかの判断材料としています。


個人信用情報機関は、
会員(金融会社)からの会費や、情報開示の際の手数料等で
運営されていることになります。
個人信用情報と個人情報は言葉は似ていますが、その内容は異なります。

個人情報は、あなたの住所や名前、年齢、電話番号などの
個人を特定するための情報となり、

個人信用情報とは、あなたが金融機関で借入をした内容や、
カードで買い物をした内容などのことを言います。


個人信用情報には、あなたの好みや病歴は含まれませんが、
請求されたものに関して支払をしていなかったり、

他人の保証人になっているなどという内容も含まれます。
個人信用情報機関とは、さまざまな会員(金融会社)から集めた情報を管理し、
必要に応じて、会員に情報を提供をする役目をはたしています。

通常、クレジットやローンの申し込みをすると、

金融会社は、申込をした人の個人信用情報を開示して審査し、
クレジットやローンの利用を許可するか否認するかの判断材料としています。

個人信用情報機関は、会員(金融会社)からの会費や、
情報開示の際の手数料等で運営されていることになります。



個人が自分自身の情報を確認するためには、
個人信用情報の開示が必要になります。

開示をすることにより、各信用情報機関に
自分の情報がどのように登録されているのかを確認することができます。


ここでは、代表的な信用情報機関と、
個人信用情報の開示方法についてお知らせしたいと思います。


今は良く個人情報のことが
取りざたされていますが、

個人情報と個人信用情報には
大きな違いがあります。

具体的にどのような違いがあるのでしょうか。

人気ホームページランキングへ