住宅ローン審査で一発承認をねらうための、審査を通すためにできる事をまとめています。

shinsano himitu

住宅ローンに一発承認になる秘訣は、正しい知識を持つことです。   

住宅ローンに一発承認になる秘訣は、正しい知識を持つことです。
一般書籍ではお伝えできない、住宅ローンの秘密情報をあなただけにお伝えします。


■無料レポートプレゼント中です!■
住宅ローンの金利を下げる裏ワザを知りたい方はこちらから♪

■住宅ローン無料基礎講座のご案内■
住宅ローンの基礎からちょっと高度なテクニックまでを学びたい方はこちらから

■住宅ローン審査の基準と傾向■
住宅ローン審査の基準を知りたいならこちら


今回は「みなし金利」というものについてお伝えしたいと思います。

「みなし金利」というのは

金融機関が、住宅ローンの借入限度金額を計算するために利用する金利設定です。

各金融機関によって多少は変わりますが、
近年では、どこも大よそ「3.5%」前後となっています。

あなたが住宅ローンの借入をする際の実際の借入金利とは違い、
かなり高めの金利となっています。

例えば、2017年10月の借入計算金利は低いところでは0.4%程度のところもありますよね。

しかし、その借入をする際に審査をする時の金利は「3.5%」となるわけです。
今回は、金利が1%あがったら?
という怖いお話です。

金利が1%違うと、
支払金額にどれくらいの差額が出ると思いますか?
たった1%でも、驚きの結果となります。


金利は借入する銀行によって異なります。

一般的に、景気の変動に応じて
金利も高くなったり、低くなったりします。

借入する年数や、固定金利か、
変動金利かなどにより、同じ銀行内でも変わります。

金利は利息金額を計算する元になるものです。

住宅ローンの支払方法の選択の中に

元利均等払いと元金均等払いというものがあり、
申込時にどちらでもお好きなほうを選ぶことができるようになっています。

どちらを選ぶのがお得なのでしょうか?
金利についての基礎知識です。
わかりづらいところですが、大事なところなのでがんばりましょう。

金利についてはこの後にも
詳しいことに触れていきますが、まずはどんなものなのかを
軽く理解していただきますね。

今月は金利が高い、低い、などと言いますが、
金利は毎月変化します。

金利で分かりやすいのは、店頭金利です。
それぞれに、変動金利、固定金利とあります・・・・・。


金利はどうやって決まるのでしょうか?

短期プライムレートの上下に連動して金利も変わります。 
ただ、短期プライムレートが上がったらすぐに上がるというわけではありません。
徐々に変わっていく場合が多いです。(目安にはなります。)