住宅ローン審査に通らない方のための、住宅ローン審査を通すためにできる事をまとめています。

shinsano himitu

住宅ローンに一発承認になる秘訣は、正しい知識を持つことです。   

住宅ローンに一発承認になる秘訣は、正しい知識を持つことです。
一般書籍ではお伝えできない、住宅ローンの秘密情報をあなただけにお伝えします。


■無料レポートプレゼント中です!■
住宅ローンの金利を下げる裏ワザを知りたい方はこちらから♪

■住宅ローン無料基礎講座のご案内■
住宅ローンの基礎からちょっと高度なテクニックまでを学びたい方はこちらから

■住宅ローン審査の基準と傾向■
住宅ローン審査の基準を知りたいならこちら

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回お知らせする、経済危機対策に関する
特例措置は、贈与税についてです。

住宅取得の際に取得する贈与税の特例について、
お知らせしたいと思います。


贈与税とは、一定額以上の金額の贈与をした際に
かかる税金となりますが、


今回の特例は、親や祖父母などの、
直系尊属から、居住用家屋取得のために贈与を受けた場合に、

500万円までが非課税になる・・・というものです。
[住宅取得の際の贈与を受けるなら、今がチャンスです!!]の続きを読む
スポンサーサイト
さて、前回の記事でもお伝えいたしましたが、
最近住宅ローンの審査の基準が変化しつつあります。

今のような、状況が読めない経済状況の中での審査は、
やはり属性が勝負となります。


人気ホームページランキングへ


「フラット35」の8月の資金受け取り分の
借入金利が決まりましたので、お知らせいたします。


今月の金利水準です。

返済期間が21年以上の場合の金利幅:2.760%~3.710%
( 取扱金融機関が提供する金利で最も多いのは、3.010%)

返済期間が20年以下の場合の金利幅:2.560%~3.510%
( 取扱金融機関が提供する金利で最も多いのは、2.810%)


(注1)段階金利型のお借入金利は除いています。

(注2)【フラット50】は含みません。

(注3)【フラット35(保証型)】は含みません。

(注4)取扱金融機関からの報告に基づき集計しています。


1つの金融機関で複数のフラット35の商品タイプを
提供している場合、

金融機関からの報告に基づき、複数の商品すべてを集計対象と
した結果になります。

※ フラットのお借り入れに当たっては、
  融資手数料、抵当権の設定費用、物件検査手数料等が必要で、
  融資を申し込みする側の負担となります。

※ 金利は毎月見直されます。

※ 申し込み時ではなく、
  資金のお受け取り時のお借入金利が適用されます。


○フラット35のご利用条件等はこちら
http://www.flat35.com/guide/outline/index.html

○金融機関毎のお借入金利、融資手数料等はこちら
http://www.flat35.com/document/index.php?module=Financial&action=Search

○お申し込みができる金融機関はこちら
http://www.flat35.com/document/index.php?module=Financial&action=Outline

○ご返済額の試算はこちら
http://www.flat35.com/simulation/index.html

※ フラットの申込条件や、申込できる人の条件は、
  金融機関によって さまざまです。
  詳しい条件等は、お申し込みができる金融機関などで
  お問い合わせください。


以上が、8月の金利のお知らせです。

人気ホームページランキングへ




住宅ローンの借り入れに関しては、
「属性」というものが審査を大きく左右するものであることは、

あなたもご存じのことだと思います。


その、「属性」に関する考え方が、

最近の銀行の住宅ローン審査において
大きく変化してきていますので、お知らせしたいと思います。


この先行き不透明な経済状況の中、
一番銀行が求める「良い属性」とは、

どんな属性になるのでしょうか。


今の年収でしょうか?
物件の担保価値でしょうか?

それとも頭金の金額が多いことでしょうか?


これらの属性は、
もちろん重要ではありますが、


最近特に重要視されるのが、


「勤続年数」「雇用形態」「職種」
となっているそうです。


人気ホームページランキングへ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。