住宅ローン審査に通らない方のための、住宅ローン審査を通すためにできる事をまとめています。

shinsano himitu

前回は、住宅ローン減税の恩恵について、

最大限に利用できる方と
そうでもない方についてお伝えしました。

今回は、住宅ローン減税に関連して、
今家を買うことがはたして得なのかどうかという点について

考えてみたいと思います。

前回の記事をご覧になりたい方はこちらをご覧ください。
住宅ローン減税は、

減税の最大規模が、入居時期が遅くなるにつれて
小さくなる仕組みになっていることから、

2009年から2010年中に入居をしないとメリットが減ると考えがちです。


しかし、実際はそうでもないのです。
入居を2011年に遅らせても、減税額が減るケースはかなり限られてくると言えるからです。

前回もお伝えした、平均的な男性サラリーマン
(年収540万円・ローンの借入額3200万円)の場合は、

影響を受けることはありません。


では、どのような方が、
急いで購入をしたほうがお得になる可能性があるのでしょうか。


大和総研制度調査部の試算によると、

年収が900万円以上で
借入額が4500万円以上になる方の場合には

入居時期を2011年に遅らせることによる減税額の縮小に
注意する必要があります。


ただ、不動産価格や借入金利が今よりさらに下がるなら、
急いで購入しないほうが得をする可能性もあります。


税制は、一般論でいえば
個人の利益を優先するということではなく、

業界の利害を重視した形で
設計されることが多くなります。


今回の住宅ローン減税も
「大幅拡充」という掛声のもと、

景気対策として住宅需要を刺激したいとの
狙いがより強くこめられている印象があります。


個々の利用者にとって本当の恩恵がどれくらいあるのか
政策当局が十分に説明をすることがないのなら、

私たち消費者が一人ひとりが制度の仕組みをよく理解し、
考えて利用することが大切になるということでしょう。


あなたにとって、いつ入居することが
本当にお得になるのかをよく考え、

個々で判断できるよう、
知識を持つことが必要になります。


次回は、住宅取得に関する、
贈与税などにも触れていきたいと思います。



※日本経済新聞掲載の記事より一部抜粋



P.S 最後のお知らせです。

私の住宅ローン審査攻略マニュアル
「住宅ローン審査速効攻略プログラム」ですが、

この度大幅リニューアルしての販売開始となりました。

住宅ローン審査速攻攻略プログ


既にリニューアル版で販売させていただいておりますが、
本日中でしたら据え置き価格で手に入れていただくことができます。

まだリニューアルの内容をご存じでいらっしゃらない方は、
こちらをご覧ください。
http://jyuutakuhisshou.blog94.fc2.com/blog-entry-60.html


サポートにも、かなり力を入れております!!
ぜひご検討ください。


明日には値上げとなります。
http://homeloan110.com/

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jyuutakuhisshou.blog94.fc2.com/tb.php/61-b31fadea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック