FC2ブログ
住宅ローン審査で一発承認をねらうための、審査を通すためにできる事をまとめています。

shinsano himitu

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
住宅の保証について、あたらしい制度が始まります。

前回のメルマガでお伝えした欠陥住宅に関連する内容です。
見落としてしまった・・・という方は、こちらをご覧ください。

いいマンションと、ダメなマンションの違い



前回に引き続き、ある時期に竣工する建物が危ない…
という内容をお伝えしようと考えていましたが、


10月1日からの新制度になりますので、
予定を変更してお伝えしたいと思います。



新制度は、住宅瑕疵担保履行法(じゅうたくかしたんぽりこうほう)
というもので、2009年10月1日から施工されます。

簡単に言うと、新築住宅に10年間の保証を付けることを、
売主または施工業者に義務化したというものです。
今までも、住宅には10年間の保証をつけなくては
ならないことになってはいたのですが、

売主や施工業者の倒産や経営状態の悪化などで、
保証が徹底できていなかったということがありました。



そこで、そのような事態になっても、
保証が確実に得られるように考えられたのが

今回の「住宅瑕疵担保履行法」となるわけです。



ただし、保証があるとは言っても
補償対象になる適用範囲は限られています。

雨漏り、構造耐久部分(基礎)の部分となり、
材料費用、調査費用、仮住宅移転費用が保証され、

限度額は2000万円となります。



とても住めないような重大な欠陥について、
保証がされるということですね。


住宅瑕疵担保履行法の保証方法は2通りの方法があり、
供託制度と保険制度にわけられます。


供託制度というのは、
事業者が、法律で定められた額の保証金(現金等)をあらかじめ
法務局などの供託所に預けておく制度です。


保険制度とは、
事業者が倒産しているなど、補修等が行えない場合、

保険に加入している新築住宅(保険付き住宅)を取得した人は、
保険法人に対し、瑕疵の補修などにかかる費用(保険金)を
請求することができます。



事業者はどちらかを選ぶことができますが、
供託制度の場合、保証金が2000万円に及ぶため、

個人事業主などでは対応できないことが多くなると考えられます。



その場合、保険制度を利用することになりますが、
保険金は当然住宅建築費用に上乗せされることが考えられますし、

保険加入の場合には工事中に検査が必要になるため、
着工前に申込をする必要があります。



大手など、毎年多数の住宅を新築する場合には、
供託金は1件当たりの金額が少なくても良いという制度になっており、

大手が有利になるという不公平感から、
後々問題になりそうな気配はあります。



保険制度に加入する場合には、
加入する前の検査が必要となり、

検査に合格した住宅のみが、保険保証が受けられることになりますので、
住宅購入時には確認が必要です。



さて、保険加入をしている場合には、実際に何かが起こった時、
売主や業者ともめた時には、

専門家のアドバイスを受けることができ、
適切かつ迅速な紛争処理が受けられる体制になっています。

消費者としては安心ですね^^。



具体的には、売主等または買主等が「指定住宅紛争処理機関」に申請して、
「あっせん」、「調停」または「仲裁」を受けることができます。


しかも、この紛争処理のために申請者または相手方が負担する費用は、
原則として申請手数料のみであり、申請手数料は1万円です。


それ以外の費用(紛争処理委員への謝金、通常の鑑定・現地調査費用)
は原則としてかかりません。



つまり、当事者は1万円程度の負担で、
専門家による紛争処理を受けられることになります。



住宅瑕疵担保履行法の開始は、2009年10月1日からとなっています。


しかし、希望があれば
10月1日前からでも保証を受けることは可能ですので


もうすぐ住宅の引き渡しが行われるという場合には
確認なさった方がよろしいのではないでしょうか。


参考サイト:国土交通省HP




また、このような保証制度は、新築のみではなく、
中古住宅にも適用される予定ですが

中古住宅の補償については、また後の機会に
お伝えしたいと思います。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jyuutakuhisshou.blog94.fc2.com/tb.php/71-cbcd7e8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。