住宅ローン審査に通らない方のための、住宅ローン審査を通すためにできる事をまとめています。

shinsano himitu

さて、マンション選びシリーズも既に4回目となりました。

選んではいけないマンションを選んでしまうことのないように、
ぜひ知識としてお役立て頂きたいと思います。


新築のマンションの販売は、
現地ではない場所に「マンションギャラリー」等という名前の

販売センターがつくられて、そこでモデルルームを見たり、
商談をしたりするものです。



特に、現地に見せたくない情報がある場合にはなおさらです。
現地だけを見て、気に入らないと行って帰られてしまったら困るからです。


でも、購入者の立場からしたら、それは正しい行動です。

立地時条件というのはとても重要です。
現地の環境が気に入るかどうかというのは、長く暮らしていく上では、

建物そのものよりも、ある意味重要なことなのではないかと思います。




売る側としては、まずは先に販売センターに誘導します。



私の住むニュータウンには、大規模な素晴らしいマンションが
これでもかというくらいたくさん建っています。

どこも設備は素晴らしく、マンション内に公園や水遊びできるスペースまであり、こんなマンションで暮らしてみたいなあと思わせる、

本当に素敵なマンションです。



しかし、車でもなければ、買い物にも行けません。
どこに行くのも遠いのです。

まだ開発途中の土地に囲まれていて、
さみしい感じもしますので


東京ならではの、便利さを求めるのであれば、
少し物足りないかなとも思います。



私の住むマンションは、すぐ裏が山です。
夏になると、いろいろな虫がたくさん飛んできますし、

東京なのにタヌキやイタチが良くでます。



山の上ですので見晴らしは最高ですが、
駅からは遠いですし、延々と坂道が続きますので、帰り道はかなりきついです。

私は自然が好きですから、今はまだ良いのですが、
20年後はあの坂道はちょっと辛いかな・・・という感じがします。

購入するのであれば、
駅に近い平地のマンションがいいな、とも思います。


その他にも、これは譲れないという立地条件は、
どなたにもあるものだと思います。

ですが、マンションの素晴らしさに目を奪われてしまうと、
そんなことはどうでもよくなってしまうこともあるわけです。


ということで、私は何が言いたいのかと言いますと、
総合的に冷静に判断して欲しい、ということなのです。


建物だけではなく、立地だけではなく、
どちらもそれぞれ満足できるマンション探しを
根気良く行ってほしいと思います。



販売センターで素晴らしいモデルルームを見てしまうと、
盛り上がっていますので、立地条件にまで考えがおよばなくなってしまうこともあります。

そうなる前に、まず、建設予定地や建設現場に行ってみて
あたりの様子を確認しておくことです。



雨が降ったときにも現地に行ってみるべきです。

道路の騒音はないのか、高圧線はないのか、
隣にはどんな建物があるのかなど、

まず、建物よりその住環境が気に入るかどうかを
確認してください。



その上で、マンションの建物自体を気に入ったら
検討するのが良いでしょう。

けっしてあわてて契約することのないように、
ご注意くださいね。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jyuutakuhisshou.blog94.fc2.com/tb.php/76-27c78fa4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック