住宅ローン審査で一発承認をねらうための、審査を通すためにできる事をまとめています。

shinsano himitu

住宅ローンに一発承認になる秘訣は、正しい知識を持つことです。   

住宅ローンに一発承認になる秘訣は、正しい知識を持つことです。
一般書籍ではお伝えできない、住宅ローンの秘密情報をあなただけにお伝えします。


■無料レポートプレゼント中です!■
住宅ローンの金利を下げる裏ワザを知りたい方はこちらから♪

■住宅ローン無料基礎講座のご案内■
住宅ローンの基礎からちょっと高度なテクニックまでを学びたい方はこちらから

■住宅ローン審査の基準と傾向■
住宅ローン審査の基準を知りたいならこちら

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フラット35の6月お受け取り金利の水準を
お知らせいたします。



◆今月の金利水準◆


返済期間が21年以上の場合の金利幅:2.410%~3.360%

(取扱金融機関が提供する金利で最も多いのは、2.660%)


返済期間が20年以下の場合の金利幅:2.200%~3.200%

(取扱金融機関が提供する金利で最も多いのは、2.450%)



※フラット35(保証型)の金利は含まれていません。



取扱金融機関からの報告に基づき集計している金利になります。

1つの金融機関で複数のフラット35の商品タイプを提供している場合、
金融機関からの報告に基づき、複数の商品すべてを集計対象として、
平均値を出した金利の目安となります。


以上がフラット35の6月の金利ですが、


次に、今後の金利の予想と、
最近の住宅業界の状況などをお知らせしたいと思います。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

ご質問内容


住宅ローンの事前審査で組めませんでした。
その後不動産屋の進めで個人信用情報を開示せたところ一件最近まで
{P}の印がついていました。
これは滞納の意味でこれが原因だと言われ、
それが消えるのは今から遅れず支払、
2年もかかるそうです、
何か方法を授かりたくお問い合わせをさせて頂いたしだいです。
どうか宜しくご指導お願い致します。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
前回、住宅ローンの審査がどんどん厳格化していて、
なかなかローンに承認にならない人が増え、

住宅ローン難民といわれる方が増えてきているという事をお話しましたが、


実際、どのような属性の方が「ローン承認」となり、
どのような属性の方が「ローン否認」となってしまうのでしょうか。

現場の声をまとめてみますと、こうなります。
[フラット35]の5月の資金お受け取り分の
お借入金利が決まりました。


・借入金利は毎月見直されます。
・申し込み時ではなく、資金のお受け取り時のお借入金利が適用されます。



◆今月の金利水準◆

返済期間が21年以上の場合の金利幅:2.510%~3.460%
(取扱金融機関が提供する金利で最も多いのは、2.760%)

返済期間が20年以下の場合の金利幅:2.320%~3.270%
(取扱金融機関が提供する金利で最も多いのは、2.570%)


この金利は金融機関の平均値をとったものになります。
金融機関によって金利は異なりますので、ご確認ください。

----- お問合せ内容 --------------------------------

初めまして。
今回、マイホームを夢見てJAに住宅ローン仮審査を申し込みましたが
結果はだめでした。
過去に金融会社からお金を借りたまま返さずに約10年経っていることが
原因だと思うのですが・・・。
しかし、車のローンやクレジットカードなどが持てています。
こういった場合には住宅ローンは通らないですよね?

------------------------------------------------
フラットって、どんなローンなの?
銀行のローンとどう違うの??

そんなあなたの疑問に答えます!!


こちらからダウンロードしてお読みください。

無料レポート◆フラットと銀行ローンは「ココ」が違う!!◆

■質問の内容■


> 実は友人が審査に通らなくて
> それはもしかしたら、身内が関係しているのではと思います。
> その友人の姉が債務を返せず、金利を下げる手段を取ったらしいのですが
> 友人がその保証人になっているそうです。
>
> こういう場合だと、住宅ローンの審査を通るのは無理なのでしょうか
平成22年2月8日、個人信用情報機関の大手2社、
JICCとCCBの「完全システム統合」が行われました。

合併による個人信用情報内容の変更点や

新たに分かった個人信用情報への対策についてお知らせします。


4月も低い金利が続いていますね。
低い金利は借入する私たちには嬉しいものです。

しかし最近、この喜ばしい低金利によって、
思わぬ弊害が起こっているといわれています。

フラット35の4月の資金お受け取り分のお借入金利ですが、
金融機関の平均値がでましたのでお知らせいたします。

※ お申し込み時ではなく、
   資金のお受け取り時のお借入金利が適用されます
2月の【フラット35】の
資金受け取り分の借入金利が発表になりましたのでお知らせいたします。
住宅ローンの審査に大きく影響する、個人信用情報ですが、
近年、個人信用情報機関の合併や統合が頻繁に行われています。


時代の流れにより、
以前の形態と情報保持期間なども変わってきていますので、

住宅ローン審査の前には、個人信用情報の開示を行って確認するのは
もはや当たり前となっていますね。



2009年8月に、個人信用情報機関の大手である
「★日本信用情報機構(JIC)」と「★シーシービー(CCB)」の合併が行われました。


JICとCCBは、合併してJICCとなり、名称の統合は行われましたが、

完全なシステム統合はされていない状態で、
2010年の2月を目安に、完全統合の手続きを進めているということでしたので、

その後のシステム統合の行方が気になり、調べてみました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。